凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

個人事業主になるにあたって情報を集める

今後のキャリアの選択肢として、個人事業主として開業することを考えています。そのための情報をまとめて、随時更新していきます。


フリーランスを代表して深刻と節税について教わって来ました。 より

  • 白色申告と青色申告を分かつ境界線は「記帳水準」にある。
  • 青色申告には10万円控除と、65万円控除の2つがある
  • 青色申告は、開業から2ヶ月以内か、その年の3月15日までに申請を出した人しかできない
  • 青色申告65万円の条件:①事業的規模であること(本業であること)、②貸借対照表を提出すること、③申告期限内に確定申告書を提出すること
  • 複式簿記は、5要素(資産、負債、資本、収益、費用)に振り分けながら帳簿につける

 

  • 事業税:事業を営んでいる人が納める税金で、所得に応じて税額が決まる
  • 消費税は、1千万円を超えない限りは『免税事業者』ということになり、課税されない。
  • 免税事業者であろうがなかろうが、取引に消費税が課されることには変わりません。納付義務の有無は別問題なので、消費税の支払いを求めるというのは言っても良い。

 

  • 領収書は額面10%の金券だと思え
  • レシートが感熱紙で消える恐れがあって嫌だという場合には、コピーを取ってそれを貼り付けると良い
  • 領収書がない場合、出金伝票で処理する
  • 帳簿は最終目的ではない。白色申告なら収支内訳書、青色申告なら損益計画書を作るのがゴール。