凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

iPhoneを中心としたノートPCなしのビジネスバッグの中身

 数年前から、ノートパソコンを手放した。持ち運びの手間に見合うメリットを感じられなくなったからだ。メールも問題ないし、文章作成は、Googleドキュメントで済ましている。

 身軽になったことは良かったけれど、難点は文字入力のしにくさだった。30代中盤という年齢もあってか、タッチパネルの扱いには限界を感じているし、小さなBluetoothキーボードを買ったこともあったが、小さいキーボードではやはりストレスがあり、手放した。

 数年、現状に変化なく過ごしていたけれど、1つのキーボードとの出会いが僕の生活を一変させてしまった。ロジクールのK480である。

 

 

 iPhone用と聞いた人は「デカ過ぎる!」と思うだろう。僕も最初はそう思った。元々は、職場でiPhoneの入力をする時に、机の上で使おうと思って購入したのだ。しかし、通勤電車の中で初期設定をしていて驚いた。このキーボードは、持ち歩くのに最適だった。

以下にK480の特徴をまとめる。

メリット
・キーボードが大きいのでタイピングがしやすい
・座った状態で、ビジネスバッグを腿の上に敷き、その上に置くと非常に安定する。
・ビジネスバッグのノートPCスペースに収まる(僕にとって重要!)
・スマホを立てかけるための溝が便利
・矢印ボタン、デリートなどが使えるのは、大変ありがたい

デメリット
・850g は重い
・カッコや記号(「」や())などの入力が困難(シフトボタンとの組み合わせで行う入力は難しい。解決策は調べるとあるのかもしれない。)
・電源ボタンが裏側にあるのが使いにくい

 

ビジネスバッグの中身

 これで、iPhoneを中心にしたビジネスバッグの中身がほぼベストな状態になりました。


バッグ


バッグも意外と消耗品なので、最近は、Amazonでランキング上位に入る3千円くらいのものを使ってます。特に強いこだわりはありません。

iPhone

K480

バッテリー


 もう一つこだわりを持っているのは、バッテリーです。僕は、スマホの充電は大抵の場合は1日一回よるに行うだけで事足ります。しかし、時々、文章作成をしたりすると、電池切れになってしまうのでバッテリーを購入することにしました。
 この商品の良いところは、市販の単3電池4本で使えるということです。巻き取り式のコードと組み合わせて使っています。新しい電池は、コンビニなどで必要になれば購入できましし、電池を捨てたい時にも、新しいものを購入する時には、コンビニのレジなどでも引き取ってくれたりします。僕は、電池を買うより、バッテリーをキチンと充電して使える状態にしておくことの方が手間に感じるので、重宝しています。

 こういった商品には、それぞれの好みで意見が分かれるものですが、私はこの組み合わせが今のところのベストです。