凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

800ページの専門書の読書スピードは、記録をとることでどう変わるか?_じぶん実験

目 的

仕事に関する非常に厚い専門書を読破する。

方 法

標的行動:読書ページ数(840ページ)

BL期間:2017/11/1 ~ 未定(普通に読み切れれば、それでよし、読み切れなければBLとして介入を考える)

介入期間:11/13~

仮 説:本へのアクセスをしやすくすれば、読書スピードが伸びる

介入手続き:本を机の上に立てて置く

結 果

合計69日で読破。

グラフ中の緑は読んだ合計ページ数、オレンジは1日に読んだページ数

f:id:adgt:20180108065644p:plain

100ページ読むのに必要だった日数。

000-099: 13日

100-199: 14日

200-299: 11日

300-399: 8日

400-499: 8日

500-599: 6日

600-699: 5日

700-799: 3日

実験ノート記録
  • 12/8 1日10ページ以上読むことが続いて、これを途絶えさせたくない気持ちが出てきた。
  • 12/12 記録をつけるのが楽しくなってきた
  • 12/25 100ページ読むのに必要だった日数を算出した
  • 12/28 読む習慣をつけてから年末年始を迎えられて良かった
  • 1/4 正月で読書時間を確保できたことは良かった。
  • 1/5 本の終盤は箇条書きが主なので、書いてある量が少なく、サクサク進む

考 察

介入の目に見える効果は無かった。

読書を記録を取りながら継続していくと、徐々に毎日10P読むということが習慣化されて、読書量が増えた。さらに、記録を取ることが楽しくなってきた。

本を読むときには、「その本を読む行為を習慣にする」ということが、最も力を与えてくれると思った。

そのための具体的な方法のアイデア。

  1. 一日にあまり頑張らなくても達成できそうな暫定的な目標ページ数を決める(2ページとか3ページとか)
  2. 読書ページ数の記録を取りながら、最低ページ数をクリアするようにある程度の期間読書を続ける
  3. 自分がその本を読むうえで、「現在の適切目標ページ数」を決める
  4. もし、さらに読書スピードが上がれば、さらに目標ページ数を上げる。
    *ただし、注意点としては無理をしなくても達成できる程度のページ数(多くても10ページ強くらい)にとどめておくことが大切。

その他

今回から、「実験ノート記録」という項目を作った。これによって、その時々で感じていたことを結果としてまとめることができるので、中々良い。