凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

自分の戦い方

最近、自分の戦い方について考える。

 

以前は、議論で勝つとか、相手を上回るとか、圧倒的な実績を見せつけるとか、そういうことが戦うことだと思っていた。

 

30代も中盤になって、負けないこと、抗い続けるということが自分に残された戦い方ではないかと思ってきた。

 

理不尽なことを押し付けられそうになったり、明らかに道理が通らないことを威圧的に決定しようとする人たちがいる。そういう人たちは、そのやり方でこれまで成功してきたんだろう。だから、抵抗されたら、より強く圧力をかけて相手を屈服させようとする。

 

こういう人達に負けないということは結構しんどい。それでも、我慢比べに耐えることによって、勝利を手にできる。いや、負けないという証を示すことくらいはできる。

 

それには、覚悟が必要だ。相手に圧力をかける人間にあらがえば、必ずより強い圧力がくる。それでも、折れない。また、違った手で攻めてくる、それでも、違うと思うと、相手のペースに乗らない。それをくり返して、あの面倒なヒトにもこの人は屈服しないんだと周囲に診られるようになれば、「自分の領域を守る」という最低限の自由を手にすることができる。