凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

大きさを細かく設定するなら SmartArt より Excel が便利

Office で階層構造を表す図を作るときには、SmartArtが便利です。簡単な構造表であれば、チョチョイのチョイで作れちゃいます。

しかし、階層構造が複雑になったり、それぞれの構成要素の大きさを細かく設定したいときにはSmartArtは非常に不便です。ちょっと大きさを変更しようとしただけなのに、全体に影響が出てしまい、思ったようなデザインに仕上げることができません。また、構造の構成要素が多くなりすぎると文字サイズが非常に小さくなってしまいます。これは、もともとSmartArtが入力内容を元に自動的にきれいな図を作成するという目的で作られているからです。

エクセルでの階層構造作成

こんな時には、Excelがもってこいです。想定しているのは、以下のような階層構造を作る状況です。

  • 構成要素は角丸の四角でよい
  • 構成要素が多い
  • 大きさを細かく設定したい

エクセルにすると「デザイン面が良くないのではないか?」という懸念が生じます。たしかに、SmartArt 程の綺麗さはないですが、ソコソコの形には仕上げることができます。

  1. まず挿入タブから「角丸四角形」を選択します。
  2. 2
  3. セルの大きさに合わせて図形を作成します。
    • このオブジェクトは「セルに合わせて移動やサイズ変更する」設定にしておきましょう
    3
  4. オブジェクトを「塗りつぶしなし」に設定し、枠線を若干太くします。
  5. 4
  6. セルや文字の色を調整します
  7. 5

これで一先ず下準備の完成です。コピペをして、コネクタなどでつないで自分なりの階層図を作ってみましょう。

この方法のメリット

この方法の良いところはセルの大きさの変化に伴って、オブジェクトも大きくなったり小さくなったりしてくれること。 6

さらにコピペ可能で、コネクタで外枠を結んだ後に、セルの大きさを変えてもコネクタの結合は壊れません。 7

私は、この方法を使い始めてから階層図を作成するときのストレスが激減しました。オブジェクトに直接テキストを付加するよりも、セルに入力した方が汎用性が高くなると私は思っています。興味のある方は、ぜひお試しください。