凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

自分の感情にむきあうってどんなことだろう

感情にむきあった方がよいとは思うけれど、それはどんな風に生活をしていけばいいんだろう?

 

以前は、感情を表に出すのが嫌で、無理に明るく振舞っていた。それは、どこか感情を抑圧しているようで嫌だった。

 

今は、反対にずっと落ち込んでいるような感じ。でもそれは、申し訳ないような雰囲気をだして、許してもらおうとしているだけなのかもしれない。

 

辛気臭くなることが感情に向き合うということではないだろう。もう少し、自然に、揺らぎながら、行きつ戻りつしながら立っていられたら良い。

 

感情も常に変化するのだから、自分の一貫性を持たせたいと、いつも同じ表情でいることの方が不自然だ。