凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

裏紙を使って、ブログ執筆時間を短縮する方法

皆さんは、どんな方法でブログを書いていますか?私は、いきなりブラウザ画面にブログエントリーの内容をタイプしていました。以前は、時間に余裕があり、その行為自体もとても楽しく満足のいくものでした。但し、現在は仕事やプライベートが忙しく、ブログを書くための時間を確保するのが難しくなってきました。今も模索している途中ですが、試行錯誤の中で辿りついた1つの方法を書き残しておきます。

裏紙を利用したプロット作成

その方法は、

  • 裏紙(ミスプリントしたA4の紙の裏側)1枚とペンを使う
  • 休憩や通勤時間の中でブログのプロット(構成)を作る
  • プロットに従って文章を打ち込む。
というものです。

この方法に辿りつくまで

以前は、構成を考えてから執筆に取り掛かるのは面倒でした。でも、何も考えずに書き始めると、1エントリーを完成させるにも僕はかなりの時間がかかってしまいます。大体1時間は越えて2〰3時間かかることも稀ではありません。

以前よくやっていたのは、ブログで書きたい文章をツイッターでつぶやいておくというものです。 この方法は、今でも使いますが、調子が乗ってくると連続ツイートしてしまい、なんだかフォロワーさんにも悪いような気がしてきます。

次に試したのは、USBメモリで持ち歩くテキストファイルへ、エントリで使えそうな言葉を書き溜めておくという方法です。この方法も良い時は良いのですが、「下書きだ」という安心感や「いつか使うだろう」という先延ばし思考から、せっかく書いたのにボツになる文章がとても多く効率の悪さを感じました。

そこで、まずノートにプロットを書くことにしました。これに私は、とってもハマりました。やはり構成が最初にある時の方が、ない時に比べて、抜群に手が止まる時間が短くなります。ブログを書く時間も短縮できました。

但し2点ほど問題が残りました。1つ目は、持ち歩くのに不便ということです。私は必要がなければ、鞄を持ち歩きません。A4のノートは荷物としてはかなり大きい方に入るので、できることなら携帯したくないという所があります。もう1点は、私の使うノートはオキナのプロジェクトペーパーで、一冊400円という結構いいお値段がします。ブログの下書きで消費するのは勿体なく感じてしまいます。

オキナ プロジェクトリングノートA4 50枚 PNA4S

ということで、先月ふと思い立って、A4の裏紙を使うという方法に落ちつきました。

この方法の効果

これが、このブログのプロットです。

006

今の所の感想としては、時間短縮がやはり一番の効果です。プロット作りは大体15~20分で出来ますし、エントリを実際に書いていく作業も大体30~50分の範囲でコンスタントにできるようになりました。このエントリーもほぼ1時間で書いています。プロット作成時に、イラストや矢印、グラフを書きながらイメージを膨らませることができるので、図的にエントリーを捉えていける所もメリットだと思います。

また、面白いのが、ブログを書く手が止まった時に文章の構成で迷っているのか、上手い表現が見つからずに止まっているのかを意識しやすくなったことです。以前は、このあたりの自覚はほとんどありませんでした。

A5ファイルに入れて持ち運ぶことができ、使い終わると躊躇なく捨てることができるという手軽さも魅力です。

LIHIT LAB. A5 カラークリヤーホルダーを自作した | 凹レンズ ―まとまりのないブログ― LIHIT LAB. A5 カラークリヤーホルダーを自作した | 凹レンズ ―まとまりのないブログ―

このような試行錯誤を繰り返しながら、ブログの執筆方法が変わっていくのも、長く続けているから体験できることです。これからも、ブログへの取りくみ方の変化も含め紹介していければと思います。