凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

ムダだと思っていたことが繋がる瞬間はたしかにある

このブログは、日々の由無しごとや、購入したもの、本の感想、芸人の話など、完全な趣味の場です。ただ、ブログを書き始める時に、「副産物として仕事で書く文章が上手くなれば良いな」といううっすらした希望もありました。お遊びのブログなので、仕事と直接的に関連しないけれど、単純に文字を書いて公開する経験をつんでいけば、仕事の文章も上達するんじゃないか、というくらいの意図。

そして今。

ボクは、ライフワークと決めた仕事で、専門分野の世界の情勢をまとめて広く知らせる公式の文章を書くことに取りくんでいる。自分にとっては大仕事だ。

先週は、とてもたくさんダメだしを喰らった。そこで、上司に忠告されたのは「淡々としすぎ」「おもしろくない」「もっと興味をそそるように書け、人の関心を引きつけるように、面白がらせるように書け」というものだった。

そして先ほど、ちょっと山場の部分を満足いく形で書き終えて、ふと思った。

あ     これは、ブログで書いてる文章だ」  と。

あまり直接的な意味はないけれど、楽しみで続けていたことが、こんな風に自分の中心に返ってくるとは思ってもみなかった。

大したことは何も起きていない。でも、僕の胸は今強く打っていて、なんだか武者震いがしているんだ。

後は上司の「楽しんで書け」の言葉を傍らに置いて、猛進するだけだ。