凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

Google AdSense が嫌い

お金は大好きですし、アフィリエイトで収益が得れるものなら得たいと思っていますが、私は Google AdSense を使いません。

How To Blog For Profit: Without Selling Your Soul

理由は、「読者としてAdSense広告が嫌いだから」です。これは、正誤性の問題ではありません、単純に“好み”です。私は、アドセンス系のコンテンツマッチ型広告が、嫌いです。

同じような考えの人も多いかと思って検索したのですが、中々、見つからないものですね。かなり古いエントリですが、この頃と今とは、そんなに状況は変わっていないですね。

Geekなぺーじ : Adsenseを貼り付けているだけで評判が落ちてしまう恐れ Geekなぺーじ : Adsenseを貼り付けているだけで評判が落ちてしまう恐れ

特に、自分の専門領域の内容についてエントリを書いた時に、表示されるアドセンス広告には辟易してしまいます。自分の仕事と関連する“明らかに怪しい”情報を、自分のブログを読んでくれた人がクリックしたり、利用する可能性があるというのは、どうも自分の中で納得がいかない。ムズムズするのです。(アドセンスの場合、露骨にアダルトコンテンツや危険そうなサイトは無いように思いますが)

やっぱり、こういう広告が存在するということは、単純接触回数を増やすことに留まらず、ブログなどを介してお金を支払う人がいるということです。少なくとも、自分の両親が引っかかってほしくないような物を、自分のブログから他者に発信をすることは、“好きではない”。

また、自分が紹介したんじゃない、Googleが勝手に・・・という考え方もできますし、それは正当だと思います。これほど真っ当な、ネットでの収入源は他にありません。潔白の中の潔白ツールです。

ただ、プライベートで独自ドメインとって、レンタルサーバーにお金払って「趣味でやる」んなら、そっち方面はこだわりたいな~というのが今の感覚です。遊びだからこそ、自分の納得できるものにしておきたい。生活がかかっている人は、四の五の言ってられないのは当然ですし、一円でも多く稼げる仕組みを構築するのが当たり前です。また、生活かかっててそうしない人は、ドーかしてます。

そこには論理的な正当性があるわけではなくって、「みんなから好かれているけど、自分があんまり好きじゃないアドセンスを貶したい」ってことなのでしょう。自分は、相変わらず感情に左右されながら、意見を表明する人間なのだと再確認する感覚です。

要は、趣味を趣味として、好きなものに触れときたいという雑感でした。