凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

恐怖の飼い方

別に解決しなくてもいい

自分の恐れが何かを突き止めること

それを倒さなくていい 殺さなくていい

方法はひとつしかない

進むのだ

藪に足を踏み入れ 草をかき分け 霧の中を彷徨う

その先に存在している「それ」の輪郭を捉える

獣なのか枯れ木なのか

とにかく、その傍らに腰をおろすのだ

なにを恐れているか分からぬまま逃げ回るのは悲しい 自分を惨めに歪める

そうならないためには 日常に闇をとりこむしかない

心のすみに影を住まわせる 見つめて 声をかけ 撫でてやる

闇を飼うとはそういうことだ

恐怖に殺されないためにはソイツをよく知り一緒に旅に出ろ

きっとこれまでとは違った景色が見れる