凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

自分の内面と他人との付き合い方

半年前くらいから、自分の人との接し方を改めるチャレンジをしている。今までは、恥だとか焦り、焦燥、緊張、に打ち勝とうと思って、それらと戦っていた。

今は違ったアプローチを始めてみました。

ボクのニガテ

恥や緊張、焦り。大抵、美人やイケメン、上司、初対面、中途半端な知り合いが対象で、場面はプレゼンテーションや意見を述べる時が多い。そうした時に、これまでは咄嗟にリアクションして、ハッチャケ過ぎちゃったり、苦笑いや気持ち悪い笑い話を返す、過度に明るく振る舞うとか、相手の機嫌を損ねないような発言、おべっかを使うなどなどやっていた。そんで、後ですごく後悔する、思い出しただけで赤面するような感じだった。しかもそれが慣れない。いつまでたっても辛さが軽くはならなかった。

そこには、「自分は大丈夫だと信じたい」という欲求があったように思う。きちんとした人に見られたいだとか、好かれたいだとか、良い印象を与えたいだとか。

そうした欲によって、自分が嫌うようなご機嫌取りと後悔を繰り返してきた。

絶望というクリエイティブな場所

今は、ちょっと違う。星野源の「地獄でなぜ悪い」のように、自分が地獄に落ちているのだと一旦諦めるようにした。「もうキモいと思われてしまった」と、ある意味での絶望を自分にプレゼントするようにしている。

病院の先生やトレーナー、美容師、上司、合コン相手を見つめながら「俺は、もうツマラナイやつだと思われてしまった」「ダメだと思われている」「俺の不安はもうバレてしまった」「オカシイ」と考えるようにしている。そりゃあ、ドキドキするし、緊張するし、不安が人にバレるんじゃないかって恐れは変わらずあって、むしろ、もうバレちゃってるよと、開き直ってる状態に近い。

その状況で選ばれた自分の姿が、本当の姿なのだと思う。平穏な時の振る舞いだけが自分じゃない。焦った時の自分も本当の自分の一部だ。

色々被った毛皮を脱ぎ捨てる機会は少ない。ありのままを見せる、取り繕うという選択肢を捨て去ることで、選べるもう一つの可能性が生まれる。そこには、安易な方法を殺す、安全な自分を殺す必要があるのだ。

それは、言葉のやり取りに限らない。今までだと人に見られそうだなと思うと、ピシッとしたり自分の振る舞いを改めるという感じだったけど、その姿を「見られてしまう」ことにした。自分が振る舞いを変えるのは「見られてしまった」そのあとのタイミング。

相手の動きに左右されていた。例えば、どう思われようとも相槌を打たずに相手の発言をスルーするなど、相手に動かされる割合を減らせれば、人間関係でイニシアチブを取ることにも繋がるかもしれない。相手が何か言った時に100%の確率で頷くのではなく、自分が納得して初めて頷くだとか、自分が選びたいことと行動を一致させていく。

やせ我慢じゃないトレーニング

この歳になってだけれど、新しい自分に出会えそうな感覚をひしひしと感じている。だから今は、苦手な場面や人と話す状況へたくさん入っていきたい。それは、体験学習だ。実習に似ている。前のような、やせ我慢とは違う。自分が大切にしたい相手だとか、魅力的な異性や同性、発表場面に触れることで、新しいことができる実感があふれている。

来年は、どんな所に僕は立っているのだろう?それを確かめるために、チャレンジを続けていきたい。