凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

節電の夏を乗りきるための『気化熱』利用

いよいよ夏本番シーズンです。節電ムードの中、クーラーを出来るだけ使わないようにしたいところです。そこで、今回はクーラーを使わずに涼むための『気化熱』の利用法について紹介します。


気化熱とは何か?

まず、気化熱とは何か?という話しです。簡略化されていますが、分かりやすい説明は以下の引用を参照ください。

気化熱とは液体の物質が気体になるときに周囲から吸収する熱のことです。液体が蒸発するためには熱が必要になります。その熱は液体が接しているものからうばって蒸発します。だから、(湯冷めは)体がぬれていると、表面の水滴が体温をうばって蒸発しようとするから寒くなるのです。
気化熱 *()はblog管理人が付記

さらにザックリ言うと、水を蒸発させればその周りは涼しくなるっていう話です。

打ち水の話しもよく持ち出されますが、打ち水は撒いた水の温度が低いから涼しくなっているわけじゃないんです。撒いた水が蒸発するときに、熱を奪っていくからこそ温度が下がって涼しくなるのです。湯冷めも体についている水が蒸発して温度が奪われるため、体が冷えやすくなる現象です。また、冷蔵庫も気化熱を利用しているようで、われわれの生活には思っている以上に関与しています。・・・というか動物が汗をかくこと自体が、気化熱コミコミで体温を下げるシステムだと考えられるので、体温を下げる工夫の基本のきと言えるでしょう。
クーラーなどが「冷やして温度を下げる」のに対して、気化熱を利用した方法は「熱を取り除く」という発想になります。

気化熱を利用した商品

最近、TVなどで話題の以下の商品も基本的には、気化熱を利用して涼むためのものです。

クイッククール(QUICK COOL) ブルー 風&ミストで冷感クイッククール(QUICK COOL) ブルー 風&ミストで冷感


クイッククール(QUICK COOL)
売り上げランキング : 247

Amazonで詳しく見る

これは、ハンドタイプの扇風機に霧吹きを組み合わせたもので、霧の蒸発をうまく使っています。


【夏に欠かせない商品!新発想!】エリohクール(エリオークール)【グレー】 - ひんやり快適な首元用クールベルト【特許申請中】【夏に欠かせない商品!新発想!】エリohクール(エリオークール)【グレー】 - ひんやり快適な首元用クールベルト【特許申請中】


株式会社スバル産業
売り上げランキング : 190

Amazonで詳しく見る
この商品も、気化熱を利用しており、さらに血管がもっとも集中する首を冷やすことで、体全体の温度を下げようとするものです。

簡単な気化熱利用

上記の商品を買うのもいいですが、手軽に気化熱を利用する方法を考えてみました。クイッククールと同じ原理です。

扇風機(もしくは、エアコン)を利用しているときに、扇風機に(もしくは、自分に)向けて霧を吹きかける」というだけのもの。

体をぬらすこともひとつの方法ですが、霧の方が蒸発しやすく手っ取り早い方法です。これだけで涼しさは、結構感じられます。霧吹きは100円ショップでも手に入るので、ローコストで試していただけると思います。拡散させたほうが蒸発しやすいのであまりに至近距離ではやらないでください。
この原理を利用するポイントとしては、直接霧が体に当たらなくとも効果はあるという点です。要は、水が蒸発しさえすれば(というか蒸発しているということは)、気化熱が奪われており、温度は下がるはずだからです。

また、「ベランダの室外機の近くに打ち水をする」というのも効率的な方法です。エアコンの室外機近くの温度が低いほうが電力を消費しにくいので、ぜひ試してみてください。ちょっとした工夫をしながら、この省エネの夏を乗り越えていきましょう。