凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

Amazonギフト券の有効期限のしくみ

本を買うためのギフトといえば図書券が主流でしたが、最近ではAmazonギフト券が使われることが増えてきたのではないでしょうか?今回は、そんなアマゾンギフト券の有効期限のしくみがわかりにくかったので検索したり、直接カスタマーセンターに問い合わせて聞いてみました。


基本的な使い方

基本的な使い方についてはオフィシャルHPにて分かりやすく解説されていますので、リンクを貼っておきます。


ちなみに、ギフト券についての細かな決まりごとは、以下の細則についてのページに記載されています。

アマゾンギフト券の有効期限

アマゾンギフト券には、有効期限があります。細則より引用。

Amazonギフト券は、券種毎に有効期限が異なります。Amazonギフト券(Eメールタイプ、印刷タイプ)は発行から1年、法人向けAmazonギフト券は発行(*)から2年、Amazonギフト券(シートタイプ)は発行(*)から3年となります。

重要なのは、この有効期限は、アカウントに登録するまでの期限ではなく、実際に商品を購入するまでの期限であるということです。
アマゾンのアカウントサービスでは、ギフト券の残高は確認できるものの有効期限が表示されません。ですので、「期限が表示されないってコトは、期限なんてないってコトか!」と、ギフト券を一度登録するとズット使わなくても消失しないと思っていらっしゃる方がおられます。私もその一人でした。
しかし、カスタマーサービスに問い合わせたところ、一度登録してもギフト券に書かれている有効期限がくると、使えなくなってしまうという返答をいただきました。(ちなみに複数のギフト券を登録している場合、登録した順番に関わらず有効期限が近いギフト券から使用されていくようです。)

有効期限の確認方法

私が問い合わせをしたオペレーターさんの話しでは、有効期限を確認する方法は電話になるようです。ですから、有効期限が分からなくなり、元のギフト券をなくしてしまった場合は、カスタマーサービスで聞かなくてはなりません。ヘルプページ右下の、「カスタマーセンターに連絡する」→「電話」タブ→電話番号を入力 とするとAmazonから電話がかかってきます。もしくは、以下の番号へ電話をするとつながります。

【Amazonカスタマーサービスの電話番号】

  • 0120-999-373 (フリーダイヤル)
  • 011-300-3000 (携帯電話用)

有効期限の延長申請

ギフト券が余っているけれど、使い切れないという場合は非常に困りますよね。無理に不必要な物を買ってしまったり・・・。けれど、実は申請を行うことによって、ギフト券の有効期限を1年間延長することができるのです!以下のヘルプページを介して、電話かメールにて申請可能です。

ヘルプページの右下、「カスタマーセンターに連絡する」をクリック → Eメールか電話のタブをクリック。この順で、有効期限を延長したい旨を伝えて、申請をすることが出来ます。

少し不思議な情報としては、この延期申請には、明確な申請期間というものが無いようです(担当のオペレーターさん談)。有効期限の前後で申請すれば延長してもらえるようです。(「例えば、期限切れから3ヶ月ほどたって延長を申請した場合も延ばしてもらえるんでしょうか?」という質問に対しては『もし延長可能であると判断された場合には延長されます、しかし、できるだけ期限のきれる前後でご連絡ください』ということでした。)

まとめとして

有効期限が登録後も存在するのであれば、出来ることならアカウントサービスにてそれを確認できるようにしてもらいたいものです。技術的には難しくないと思います。もしAmazonの中の方へ、このエントリーの内容が届きましたら、どうぞ御一考くださいm(_ _)m
せっかくもらったギフト券なので期限切れにしないように、有効につかっていきましょう!





  ---------追記2011.7.29-----------
現在は、「アカウントサービス」の「残高・利用履歴を確認する」に有効期限が表示されるようになっていますね。