凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

池上彰の「伝える力」

ふらっと立ち寄った書店で、今テレビでひっぱりだこの池上彰の著書が積んでありました。ブームにのって、出版されたものであれば期待できないと思ったんですが、初版は2007年だったので買って読んでみました。


伝える力 (PHPビジネス新書)
池上 彰
PHP研究所
売り上げランキング: 1229


伝え方に関する体系的な本というよりは、著書の経験によるTipsがたくさん紹介されている本です。


著者が出演していた「週刊子どもニュース」での体験は、興味深かったです。

子どもたちに“ダメ出し”されることによって、私たちスタッフは多くのことを学びましたから、子どもたちは先生でもありました。

何かを調べるときには、「学ぼう」「知ろう」という姿勢にとどまらずに、まったく知らない人に説明するにはどうしたらよいかということまで意識すると、理解が格段に深まります。理解が深まると、人にわかりやすく、正確に話すことができるようになります。

と最近のTVでの活躍の裏にある彼の姿勢というものを伺い知ることができます。


後輩への叱り方・褒め方から、文章のかき方、悪口の言い方まで、さまざまな「伝える」場面について言及されています。内容の深みというところや理論的な枠組みのようなものは、期待していたほどではなかったですが、読みやすい本でした。