凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

論理的日本語を書くための最初の一冊

今までわかりやすい文章についての書籍をいくつか読みましたが、いまいちピンときませんでした。センテンスを短くするだとか、飛躍がないように文章を続けるだとか書いてあるんですが、結局のところどう書けばよいのか?どう読めば良いのか?は謎のままでした。しかし、野矢茂樹の「論理トレーニング101題」、これには驚きました。本書は論理学の入門書です。入門書ながら本書の中では、論理、論証のスキルを向上させるプログラムがしっかりと組まれています。その一部と、実際に101題といてみた感想をまとめます。


論理とは何か?

この著者は論理力を「思考力」と混同することに警鐘を鳴らしています。

論理の力とはむしろ思考を表現する力、あるいは表現された思考をきちんと読み解く力にほかならない

言いたいことがきっちりあって、それを自分と意見がちがうかもしれない他者へと伝えようとするとき、たとえ柔らかで平易な文章であっても、そこに論理が姿を現す。

これは、すごく納得がいきました。論理力を、思考力っていう漠然とした力としてとらえてしまうと、元々の才能で文才が決まってしまうように感じてしまいます。しかし、論理力を読み取りのスキル、表現のスキルと捉えるなら、努力しだいで上達出来そうな気がしてきます。
本書には、簡単なものから、複雑なものまで論理的に文章を理解するための問題が101問も用意されています。

論証について

本書の後半では、論証を理解したり、批判することが中心に取り上げられます。

論証とは、ある前提からなんらかの結論を導くことにほかならない

そのためには、前提から結果へ論理を複数の文章を使ってつないでいく必要があります。その文章のジャンプの幅が小さすぎると生産性がなく、大きすぎると説得力を失います。著者がひたすら細かく理をつめれば良いと結論付けなかったところに関して、私は好感をもちました。

バランスを取りながら、小さなジャンプを積み重ねて大きな距離をかせがなくてはならない。それが、論証である。それゆえ、論証の技術にとってもっとも重要なことは、前提から結論へのジャンプの幅をきちんと見切ることである

上記の指摘が、私の文章の書き方には最も役立ちそうです。これまでの私は、1つのセンテンスを短くすることには気をつけていましたが、用意する前提や、論理をつなぐステップが少なかったように思います。根拠づけをしていくためのセンテンスの数を増やす必要があったことに気付きました。本書の中では論証に関して論証図という図を用いた説明と問題が用意されており、これまた非常に分かりやすいです。

また、その論証には2つのタイプがあるようで、それは『演繹』と『推測』です。演繹は根拠を配置していき結論をみとめさせるような論証で、推測はあることがらを証拠としてそれをうまく説明する仮説を形成するタイプの論証です。それらを批判的にとらえるチェックポイントも紹介されています。

【演繹】
1.逆は必ずしも真ならず
2.隠れた前提を探せ
【推測】
3.仮説は証拠となることがらをうまく説明しているか
4.他に有力な代替仮説はないか
5.因果関係の推測で、第3の共通原因が存在するのではないか

101問解いてみての感想

私は、なんとか101問の問題を解き終えることができました。模範解答と自分の答えを照らし合わせると、結構間違えていましたが、楽しく取り組めた印象があります。問題文は新聞の記事や小説からの抜粋など、十分に了解可能なものでした。すごくビビりながら取り組んだわりに、スイスイ進んで行けました。また、正解できた時にその解説が分かりやすいので、学生時代にうけた国語テストとは比べ物にならないほど、嬉しかったです!文章表現の教科書としては、まさに求めていたど真ん中のストレートでした。他の著書も読んでみたくなりました。[表現]