凹レンズログ

くりかえす生活の雑感。まとまらぬままに。

「分かりやすい文章」の技術

前回に引き続き、藤沢晃治の著書を紹介します。今回の本で、ブルーバックスの藤沢氏の本をすべて読破したのですが、中でもこの本は非常に実用的だと感じました。日本の国語教育の中では、中々意識できない、文章作成法について記述しています。文章の書き方の指南本だけに、非常に短時間で読めるほど読みやすいです。


読みやすい文章とは?

文章には、エッセイなどの「芸術文」と、意見や情報を伝達する「実務文」の2種類があり、今回のターゲットは実務分です。
この本が目指している「分かりやすい文章」は、書き手の意図を読み手にわかりやすく伝え、確実に「目的を達成する文章」の事です。書き手が読み手に同意を求める文章を書くとき、それが成功するには、説得での成功も必要になります。

そのための技術が5つ紹介されています

1 趣旨を素早く伝える「構成技術」
2 読む気にさせる「レイアウト技術」
3 読み手を同意させる「説得技術」
4 趣旨をスムーズに伝える「センテンス技術
5 文章をなめらかにする「推敲技術」

1 趣旨を素早く伝える「構成技術」

文章内のすべての「かたまり」(文章のレベル:全体の文章>章>節>段落>センテンス)で、要点を先に、詳細は後で書きます。まず、主要段落・主題文を冒頭に置きます。次にそれ以外の段落やセンテンスが、背景説明、根拠説明、具体例説明、比喩説明などの「詳細説明」を書いて、読み手が趣旨を理解することを支援します。各段落の主題文だけを拾い出していくと、文章全体の要約ができるはずです。もし、そうならなければ、どこかの段落で主題文がぬけていたり、主題文自体が要点を短く表現した良い主題文になっていないという証拠です。

2 読む気にさせる「レイアウト技術」

親子関係・並列関係を明示する。

3 読み手を同意させる「説得技術」

ここでの目的は、書き手の意見主張に、読み手に納得してもらう「説得する文章」を書くことです。「AだからB」「A→B」という主張に納得するためには、「A」、「B」の意味を個別にわかる「点の理解」と、「→」の矢印部分の因果関係を正当だと同意する「線の理解」の2種類が必要です。書き手は「点の理解」と「線の理解」の両方ができる文章を書く必要があります。読み手が同意できないとしたら、意味がわからない(点)か、因果関係に同意できない(線)かのいずれかです。

A正確な論理で書く

「A→B」の本来的2つの弱点は、「A」が真実かどうか疑わしいという点と、「→」が真実かどうか疑わしい点です。この2点を補強する必要があります。「A」「→」をともに補強するためには、客観的な事実や、きちんとした実験結果(○とします)を用いて裏付けをとることが必要です。(「○→A→●→B」)。ここでの裏付けを納得のいくものにするには、読み手の立場に立って「なぜ?」という疑問を想定して答えるように書くトレーニングが必要です。

4 趣旨をスムーズに伝える「センテンス技術

センテンスは文章の最小単位の一文のことで、センテンスがつながって段落・節・章・文章をができます。読みやすいセンテンスがつながることで、分かりやすい文章になります。
読みやすいセンテンスを書くためには、まず1つセンテンスを短くします。基準としては、平均40字以下と考えます。具体的な分け方としては、重文を単文に分けていきます。逆説の「が」は「しかし」に、順節の「が」は捨てて、センテンスを分けていきます。
さらに、長い修飾語は使わないようにし、もしそれでも長くなった場合は、読点(、)で分けていきます。そのほかの、読点の打ち方として、1.述部とその直前の修飾語の間には読点を打たない、2.意味のかたまりで分けるために打つ、などがあります。

5 文章をなめらかにする「推敲技術」

推敲では「不要な語」を削り、語感を調節し、丁寧さをチェックします。削ることができる無駄の候補としては、重複語、修飾語、接続詞、語尾の4つがあります。ただし、接続詞を削るときには、文章の短さによって読み手の負担は減りますが、センテンスとセンテンスの関係説明が失われてしまします。削る場合と残す場合のメリットとデメリットを比較して判断します。
語感を自然にするためには、自然な語順で書く必要があります。動詞を含んだ述部を主役として、それ以外の語を修飾語として考えると、1.強調したい修飾語を最初に置く、2.長い修飾語ほど前に置く、3.概要説明の修飾語ほど前に置く、4.節(主語と述語が含まれている語のかたまり;上述の節とは別)の修飾語は、句(動詞が含まれていない語のかたまり)の修飾語より前に置く、という語順が考えられます。

まとめ

今回、紹介したテクニックはほんの一部です。また、それ以上に、目的を明確にし、そのための論理を展開し、具体的な方法論を提示する著者の展開力はさすがです。
全体を通して、融通の聞かない主張を繰り返すわけでもなく、バランスよく臨機応変に書くことが強調されていることも印象的でしたので、その部分を抜粋します。

(重要なポイントを先に書くというのは)あくまで「原則論」で、短い段落なら、最後に主題分だけを置くという方法でも差し支えありません。

「具体的に書け」と言いましたが、抽象的説明がただちに悪いのではありません、抽象的説明は概念説明で、具体的説明は詳細説明です。
つまり、抽象性と具体性のバランスをとりましょうということです。どちらか一方だけではダメなのです。